それぞれの患者さんに合わせたケアプログラムを実施するポイント【予防歯科実践セミナー(講師:片山章子先生)】

それぞれの患者さんに合わせたケアプログラムを実施するポイント【予防歯科実践セミナー(講師:片山章子先生)】

テーマ:「メインテナンスでおこなうプロケアとセルフケア処方」 
講師:片山章子先生
日時:2018年4月12日(木)13:00〜17:00
会場:ビジョンセンター横浜

 

生涯にわたって患者さんの歯を守っていくために、個々に合わせたケアプログラムは欠かせません。「どんなリスクがあるのか」、「どんなケアが必要か」を限られた時間の中で判断するためには、“診査”をいかにして行うかが重要なカギを握ります。

 

「酸蝕症のケアは?」 参加者同士で話し合った内容を共有しました。

 

皆さん真剣に学ばれています。

 

さらに患者さんの個々のリスクを把握しながら最適なケアを行うためには、優先順位を適切に判断する必要があります。歯科医師や他のスタッフと連携してケアプログラムに取り組むために、どのようなポイントがあるのか片山先生から解説をしていただきました。

 

参加者同士でのディスカッションが、より理解を深めるようです。

 

また、先生が臨床で実践されてきた、症例におけるケアや指導の内容、処方のポイントなどを紹介してくださり、自分の医院でもすぐに取り入れられるケアプログラムを学ぶことができました。

 

【セミナーの内容】
1. 診査で患者さんの状態や病態を正しく把握する3つのポイント
2. 最適なケアプログラムを決定し、実施するために必要な4ステップ
3. 実臨床で得られた口腔衛生指導の秘訣
4. 患者さんが主体性を持ってケアに参加するメインテナンスであるために

 

質疑応答の時間。皆さんからの質問に対し、丁寧なアドバイスをいただきました。

 

「同じ予防でも、自分の医院とは違う考えや診査だったので、勉強になりました」

今回もご参加いただいた皆さんから感想をいただきました。一部ですがご紹介いたします。

「同じ予防でも自分の働いている医院とは違った考えや診査だったので、たくさん勉強できました。いろんな考えを共有できる場でもあるので、今後も積極的に参加したいです」

「本当に無料でいいの?と思うほど充実した内容でした。明日から早速患者さんに合った歯科用品をすすめていきたいです」

「他の医院の取り組みや意見を聞ける機会はなかなかないので、参加して本当に良かったです。またぜひ参加させていただきたいです」

「臨床経験に基づいた話を聞けたので、活用できる具体案が学べました」

「使ってみたい商品のサンプルがたくさんいただけたので、早速使ってみたいです」

「患者様にもオススメできるように、また参加して新製品について勉強したいです」

「とてもわかりやすかったです。今後臨床の場で活用していきます」

「医院で実際に説明している歯磨剤についての説明が聞けて、今後患者様に伝えていきたいことがたくさんありました。また参加していきたいです」

「商品は成分のことを考えていませんでした。患者さんに合ったものを処方していきたいと思いました」

「新しく入った歯科衛生士にも参加してもらいたいです」

「歯磨剤の有効成分を再確認できたので、参加できてよかったです」

「仕事に対してのモチベーションが上がりました。また参加します」

今回もご好評の声をたくさんいただきました。セミナーにご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

『明日から使える!歯科衛生士さんのための予防歯科実践セミナー』は、今後も定期的に開催していきます。ぜひ、皆さまのご参加をお待ちしております。

 

★ご案内★

セミナーにご参加いただくには、まず「Lサポ(予防歯科実践サポート)」への登録が必要です。Lサポページ(Lサポ登録医院様限定ページ)をご覧いただくには、ログインIDとパスワードが必要です。ご登録時に設定したログインIDとパスワードを入力してログインし、ご希望のセミナーをお申し込みください。

※既に登録されている医院様は、改めて登録していただく必要はございません。

※セミナーは定員に達した場合、キャンセル待ちの登録をしていただけます。キャンセル待ちにご登録をされても、必ずしもセミナーに参加できるということではございません。キャンセルが発生しない場合はご参加いただけません。予めご了承のほどお願い申し上げます。

「Lサポ(予防歯科実践サポート)」への登録はこちらから。

どんなメリットがあるかチェックしてみてください!

⇒⇒ http://418yobou.jp/about/

おすすめ記事

ライオン歯科材株式会社